読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱血バカガキの遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

デュエマVSRF 第10話感想!

どうも、ヴァーチャルです(https://twitter.com/zanzan04

 

今回は新キャラクターの登場回ですが、思いもよらぬ展開に……!?

たくさんのサプライズがあった回でした。

 

  • 新OP&ED登場!

OPとEDが一新!

……されませんでした。EDは曲ごと変わりましたがOPは映像のみの変更。エボレボォォォォォッ!!はまだまだ終わらない。好きだからいいんですけどね。

EDは長らく親しんできた『JIBUN』に変わり、新曲へ。

 

ここからは新OP&新EDの映像の感想です。

  • OP映像

曲は『エボレボ』のままに、映像が丸ごと変化しました。

勝太くんのギャグ顔から始まり、そこからの流れもまさに伝統的なギャグ。意地悪くんのいじわるから始まり、様々なキャラにぶっ飛ばされてしまう勝太くん。

その末に、レアキラーズの本拠地へ飛ばされてしまった勝太くん。ちょっと何を言ってるか自分でも分かりませんが、そのまま本拠地の最新部に飛ばされ、バサラさんのバックをとってしまう。レアキラーズはやはりガバガバ組織。

 

そして、対峙するNo2とルシファー。ライバル関係となるのか!?と言いたいところですが、コジロー&ランボーという例もあるので、まだ分かりませんね。

 

そして、今回登場の新ヒロイン?の彼女も登場。るるちゃんと、勝太くんを取り合っていました。不動のヒロインだったるるちゃんですが、強力なライバル出現か……?

 

また、カモーネさんやロクローの姿もありました。OPの映像だけだとふたりともけっこうカッコいい……。特にカモーネさんはマフィアの風格。おっそろしぃ〜カモーネ。

 

クリーチャー同士のぶつかり合いは少なめでした。ドキンダム以外のバサラのカードも特に顔見せはせず。デュエマのOP映像はちょいちょい変更が入るので、ここは様子見ですね。

 

  • ED映像

OPに対して、こちらはクリーチャーのバトルが主。そして、本編世界とは違う世界観っぽいです。

曲名は「Storonger」!「But by Fall」というグループが歌っています。英語の発音や「〜ばかりだった」のたの発音とかがなんか好きです。

光&自然文明の軍、水&闇、そして火文明の軍と、この3勢力のぶつかり合い的な感じですかね。本編での立ち位置に関係なく文明が同じ者同士が仲間になっているので、いつもと違う味が楽しめます。

また、水使いに混ざってNo2がいたので、彼は水使いで確定ですかね?

彼の後ろにはバイクのようなクリーチャーがいたように見えました。個人的には、バイクといえば火か闇という印象なので、水と闇の2色デッキなのかなと予想しておきます。

 

勉ちゃんを助けるコジロー、並んで闘うぶっちゃけとレオくん、なんか頑張ってたNo2、神々しいルシファーと無駄なヒロイン力のるるちゃん、などなど、見所はたくさんありました。僕は勝太くんとバサラが並んで登場したところが好きでした。無敵感がすごい。ドキンダムとドギラゴンも一緒に、光文明の大群に挑んでいきました。バサラさんとホカベンが並んでるのも珍しい絵面で面白いです。

 

珍しいキャラの組み合わせが多く見られた、面白い映像だったと思います。

クリーチャーの絵のタッチも渋く、カッコ良かったです。

 

  • やっと本編

新ヒロイン登場ということで、さっそくデュエマするのか?と思っていましたが、そんなことはなかったです。

今回の主役はあくまでデュエマウス。デュエマウスが勝太くんの体を風呂で洗ってる最中、勝太くんはマウスが着ぐるみを着てることを不思議に思い、無理やり脱がせようとします。

「脱げよ。裸の付き合いだろ?」

と言う勝太くん。い、言い方が無駄にエロい……。

そういうわけで脱がすと中の人が女の子(これが新キャラ)になっていて、勝太くんは彼女と恋に落ちる。着物を買ってあげたりして、勝太くんは自分の体を差し押さえの対象にしてまで尽くしまくる!ちょっとなに言ってるか分かりませんが、なんだかんだあり、勝太くんとデュエマウスはそのまま結婚することに!兄よりお先にゴールイン!おめでとー!

 

 

 

 

なんじゃそりゃあっ!!?

 

なんか毎回こんなこと言ってる気がするんですけど……。

ちなみに結婚式はガチでやろうとしてたようです。妄想かなんかだと思ってましたが、これはさすがに勝太くん、バカすぎる(苦笑)レオや委員長が駆けつけてくれていたようです。あと、ぶっちゃけのヒロインもちゃっかり登場しました。この子可愛いですよね。何のことか分からない人はVSのバレンタイン回を見てみてください(宣伝)

 

思えば、勝太くんは恋愛エピソードがかなり少ないように感じます。兄の勝舞はけっこうそれっぽいエピソードはありましたが、勝太くんは最近るるちゃん一択で、そのるるちゃんも強烈なギャグキャラと、恋愛エピソードが恋愛エピソードっぽくないという場面が多いような気がします。

勝舞に比べてまともな恋愛への耐性が無かったのか、彼のハートは新キャラの少女にあっという間に奪われてしまいます。果たしてるるちゃんに勝ち目はあるのか!?うーん、気になるカモーネ。どうでもいいカモーネ。

 

るるちゃん名探偵によって暴かれた真実。それを確かめるため、勝太くんはデュエマウスに着ぐるみをもう一度脱ぐことを強要!

強情なマウスに、なんとか脱がせようと、ごく自然な流れでデュエマを申し込む勝太くん。

 

そんなわけで始まった野球拳デュエマ。シールドが割れるたびにマウスの着ぐるみが吹き飛んでいく。露になったのは……!?

 

マウスの今回の切り札は、新パック収録の光と水のレインボークリーチャー、「九極の精霊マウリエル」!

それと、前期に引き続き切り札の1枚として投入されていたデュエゼウス。勝太くんのシールドブレイク数を減らすマウリエルとシールドを増やすゼウスによる、鉄壁の防御。勝太くんは今回はちゃんとボスカツを使い、革命チェンジで闘いますが、かなりピーンチ。

 

また、野球拳は勝太くんにも適用されているので、勝太くんも脱がされる!今回のデュエマはエロ回だった。パンツを残して服が吹っ飛ばされた勝太くんを前に、勝太くんの勝利を望みつつも裸も見たいるるちゃんは葛藤します。しかしそこはヒロイン。バンク用というメタ発言をはっきり言い、勝太くんに服のスペアを渡し、助けます。

まぁそんなわけで切り札をドローした勝太くん。新パックのパッケージ、「蒼き団長 ドギラゴン剣」のファイナル革命!ドローバンクは着たのにファイナル革命のバンクは半裸のままという謎を残したまま、必殺の一撃で勝負は決まりました。

 

なんやかんやで明らかになった、マウスの新構造?のようなもの。中の人には給料が発生するとのこと。誰が払ってるんだろうと思いましたが、普通に考えたら牛次郎でしょうね。それ繫がりで再登場も、可能性は0ではないかもしれません。

 

新キャラ登場ということで当然デュエマすると思ってましたが、そんなことはなかった今回。次回も彼女のデュエマではないので、デュエマは少し先になりそうです。

 

結婚式にも駆けつけていたレオですが、次回で再び登場しデュエマするようです。

相手は一発屋のレジェンドとのこと。レアキラーズってどういう人選なのでしょうか。

そういえば最近一発屋のネタが多かった気がしますが、そうか、これの伏線だったのか(違う)

スタッフの方の中に絶対日本エレキテル連合好きがいますよね。ていうか、コロコロチキチキペッパーズと安村さんは一発屋認定には早いような、そうでもないような気もするような……。

 

どんな話になるのかさっぱり分からない、というかデュエマはいつでもそうなのですが、とりあえずレオは追いつめられていたようでした。激戦が期待されますね。

 

ありがとうございました。次回も、楽しみにしまフォーッ!!

 

[次話感想はこちらから!]

デュエマVSRF 第11話感想! 

[デュエマの過去記事はこちら!]

デュエマVSRF 第9話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第8話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第7話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第6話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第5話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第4話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第3話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第2話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRF 第1話感想! - 熱血バカガキの遊び日記

デュエマVSRは最高だった(涙) - 熱血バカガキの遊び日記

 

[他カテゴリーのおすすめ記事はこちら!]

ヴァンガードG3期 第8話感想! - 熱血バカガキの遊び日記(最新話感想です!)

VG [これが俺の]LO&ビートかげろう オーバーロードレギオン(勇輝剣爛環境)[本当の姿だ] - 熱血バカガキの遊び日記

遊戯王映画感想[さぁ]光の中に完結した物語の「続編」もまた、光に満ちていた!*後半はネタバレあり[決闘だ!] - 熱血バカガキの遊び日記

VG[スパイクは]超越軸スパイク 紹介(バッドエンドオーグルとの比較、カオスや新制限への雑記もあり)[最強] - 熱血バカガキの遊び日記

VG[深き闇を]LOカオス廉価版 紹介[この星に!] - 熱血バカガキの遊び日記