読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱血バカガキの遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

ヴァンガードGストライドゲート編42話(G3期16話)感想!

アニメ ヴァンガード 感想

オブティランドス、今回は登場せず!残念!

 

どうも、今むらくもの記事書いてます、ヴァーチャル(https://twitter.com/zanzan04)です。

 

東雲さんが愉悦しちゃうぞ、という趣旨の今回。ファイトの勝敗は、まー察しって感じですが、若水さんもけっこう粘ってましたね。メガコロの強さはけっこう出てましたが、新たなジェネシスのキーワード能力、「天啓」を軸とした戦法に翻弄され、敗北してしまいました。再登場も無さそうですかね。

 

今回は、順調な自分たちの計画の中に「揺らぎ」を作るため若水さんのシステムに細工しようとしている東雲さんと、完璧を求めるため、東雲さんの介入を妨害したい若水さんのファイト。普通に考えたら東雲さん何言ってんの?って感じですが、独自のポリシーを持ってるキャラは映えますね。言い方は悪いですが、お利口さんよりはちゃめちゃな人の方が見てて楽しいと僕は思っちゃいます。

 

若水さんの、攻撃を防ぐために必死になる様子が、メガコロやかげろう使ってるときの自分にちょっと似てるな、とか、訳の分からないことを思ったりもしました。手札少ないクランは相手ターンでの必死度が違いますね。

対する東雲さんは終始落ち着き、パラライズを淡々と処理して行くプレイ。後手後手に回っている印象でしたが、神託フェンリルのドロースキルを活かしてパラライズされたユニットに上書きしてコールするなどし、トリガーを上手く活かして無事、トドメを刺すまでいけました。

省略された部分に言及は普段しないのですが、今回はさすがに、序盤どんだけ互いに速攻したんだよと思わざるをえませんでした。若水さん、いきなり手札1枚とかでしたし、東雲さんもメガコロ相手とは思えないダメージの溜まりようでしたし。

まぁ冗談は抜きに、メガコロは序盤からガンガン攻撃しないとダメみたいですね。現在の僕のメガコロはなかなか良い感じで記事にもしようかなと思うレベルですが、今のプレイでは以前紹介したLOカオス(VG[深き闇を]LOカオス廉価版 紹介[この星に!] )に勝てないので、記事にする前にプレイを変えてみます。リンク以外ならかなり勝てます。G4ダークフェイス誰かください。

 

東雲さんは、なんかよくわかりませんがグルグルとデッキ回してて、すげーって感じでした(頭悪そう

フェンリルの能力は、リアの天啓能力の強化、言い方的には他の効果と独立したタイミングで発動してそうなドロースキルなどでした。詳細は不明ですが、テクニカルで面白いカードだなと思いました。僕はジェネシスはあまり使わないので詳しくありませんが、このカードなら相手しててもけっこう楽しそうだなと思いますね。

ごり押しで殴り倒すのではなくジワジワと楽しむ。東雲さんにピッタリなカードだと思います。

今回の東雲さんにはこれまでより好感を持ちました。もともと好きではありましたが、ロマンチストなトラブルメーカーというのは、真面目な人物の多いヴァンガードアニメの中で良い感じに浮いてて好きです。パラライズを冷静に処理し勝利していましたし、シオンくんに敗北した時よりもずっと強敵感があると思います。今回のやり取りからも、強い敵キャラという印象は出てきたかなと。

 

俺は揺らぎが好きなのさ、でゆらぎ荘が好き!?と思ったジャンプ読者も多そうと思った今回。東雲さんがクールにカッコ良く、繰り返し見たい回になりました。声もイケメンですし。

シオンくんは、東雲さんに会社を本格的に乗っ取られて本格的に頭に来てたのか、泣きそうなアムちゃんにも厳しい。まぁ当たり前ですが。

とりあえず今回でトコハちゃんは決意を固めたので、シオンくんにも来週で決着を付けてほしいところ。どう落としどころを見つけるか、期待してます。

 

では、今回はこの辺で。むらくもの記事は近日公開……したいですね。

ありがとうございました!

 

[次話感想はこちら!]


[前話感想はこちら!] 

[おすすめの記事はこちら!]