熱血バカガキの遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

遊戯王 デステニーヒーローデッキ紹介

どうも、ヴァーチャル(https://twitter.com/zanzan04)です……なんて堅苦しい挨拶をしてる場合じゃない!

こちらをご覧下さい!!

 

https://pbs.twimg.com/media/CpKMaXKUEAAWtlK.jpg

 

デュエリストの皆さんならご存知かと思いますが、なんと、D・HEROの強化が来ました!アニメでも活躍し、今注目のテーマですね。

 

前置きもほどほどに、本題に入ろうと思います。果たして、今回で強化されたD・HEROは強いのか?それは……

 

 

https://pbs.twimg.com/media/CpLblMVVIAEhdf6.jpg

 

弱いっ!!

 

はぁ。やっぱりなぁ……。Dフュージョンとか、めちゃくちゃ弱いもんなぁ……はっ!

 

 

https://pbs.twimg.com/media/CpLcUt6VIAEp7I1.jpg

「俺たちがいるだろ?」

 

と、いうわけで、なんだかんだで強いっ!!!

 

どっちやねんって感じですが、結論から言うと強いです。Eより強いかもしれませんね。

 

 

  • デッキレシピ

 

早速ですが、レシピです。数字が枚数です。

 

デステニーヒーローデッキ(雛形)

 

[モンスター] 計19枚

ドリルガイ3

ディバインガイ3

ディアボリックガイ3

ゾンビキャリア2

シャドーミスト1

ダークグレファー3

終末の騎士1

レッドリゾネーター3 

[魔法] 計8枚

デステニードロー3

マスクチェンジ3

おろかな埋葬

増援1

[罠] 計5枚

奈落の落とし穴2

魔封じ3

 

 です。

………

……

 

40枚無えじゃねぇかぁっ!!

 

お気づきの方もおられるかもしれませんが、これはまだデッキではありません。これは雛形、僕が最初に作ったテンプレになります。このテンプレを先に出した理由は、次の項で。

 

  • D・HEROの魅力とはっ!!?

 

D・HERO、ていうかD・HEROっていちいち打つのも面倒なので、以下デステニーヒーローと書きますが、このデステニーヒーローの魅力としては、やはり使い手にあります。

その名は……

 

https://pbs.twimg.com/media/CpLnQb5UsAAw3VG.jpg

 

そう、エド・フェニックス!

 

誰やねんって感じの人は、とりあえず「セメタリー」とか「エフェクト」とかわけわからないこと言ってる人ということだけ抑えておけば大丈夫だと思います。

 

彼の魅力は語りきれません。

奇声を上げながらヘリからダイビングする姿があまりにかっこよすぎてネットでも有名に!ところどころで見せる特徴的なウザいスマイル!

プロとして活躍しているのに、デュエルアカデミアとかいう陸の孤島でのアマチュア同士の決闘で強いと少し噂になっている程度の十代へテレビを使って宣戦布告など、凄まじいまでの自己顕示欲!

Dこそが最強だと良ってEを見下したり、なんか再登場したらメンタルぶれぶれのヤツになってたり、仲間化したら誰だよお前ってレベルのクソ丁寧なヤツになったり、Vジャンの表紙で悪い顔したりと、逸話が絶えない!あれ、なんかさっきから悪口しか言ってないような……。

 

気を取り直し、まー真面目なこと言うと、ネオスを素晴らしいヒーローと後に認めたりとか、フレアネオスを見て子供心を思い出すとか、アモンにやられたときも十代たちを守るために命がけで頑張ったりとか、けっこう人間味ある、良いキャラです。好きですね。また、デュエルを見せ物にして注目を集めるのではなく、デュエルそのものの魅力を観客に伝える、それがプロのデュエルだ、という理念も抱いており、僕はこれがかなりグッと来ましたね。

 

  • いいから本題に入れや

そんなわけで、デステニーヒーローはキャラ的な人気も高いわけです。つまり。

  1. エドのファンデッキとしてのデッキ
  2. エドを特別意識はしない構築の、ガチのデッキ
  3. できればファン要素とガチ要素を一緒にしたいっすよね、なデッキ

デステニーヒーローデッキは、大きく分けてこの3つに分類されるかと思います。ていうかどのアニメテーマもこうだと思います。

上であげた雛形は基盤です。あれを基準に、1、2、3の、全ての型に派生することが可能です。使う方の意向によって、お使い分けください。

 

とりあえず、雛形に搭載されているギミックさえあれば十分に闘えるかと思います。それをさらにガチにするか、エドのファン要素を取り入れるかは、各人が選択していけばいいかなと思います。

 

そういうわけで、先に雛形を紹介しました。ちなみに僕の趣味を反映したバージョンはこちらになります。

 

デステニーヒーローデッキ(筆者型)

 

[モンスター] 計24枚

増殖するG3

ドリルガイ3

ディバインガイ2

ディアボリックガイ3

Bloo-D1

ドグマガイ1

ゾンビキャリア2

シャドーミスト1

ダークグレファー3

終末の騎士1

レッドリゾネーター3

ブレイズマン1

[魔法] 計13枚

デステニードロー3

マスクチェンジ2

おろかな埋葬

増援1

大欲な壺3

羽箒1

死者蘇生1

融合1

[罠] 計3枚

魔封じ3

 

 

[エクストラ]

Ω1チャージウォリアー2コーラル1オガドラ1スカーライト1

D-END1ディストピアガイ1ダークロウ1アドレイション1

ライトニングセット2ナイトメア1ベアトリーチェ1ドラギュ1

 

2と3の中間みたいなデッキです。ここに至ったプロセスを紹介することで、前述の雛形の使い方を紹介していこうと思います。

 

  • 大前提に

今の遊戯王でまともに勝負しようと思ったら、やはり先攻封殺への対抗手段と、ある程度相手の動きを阻害できるカードが必要になります。

僕は先攻を取られた場合の対策として増殖するG、相手の妨害としてダークロウ、魔封じ、Ωを採用しました。

これらを使う事自体は以前のDでもできましたが、最初の動きで手札を使い切ってしまうことが多く、相手を倒しきれない状況が生まれがちでした。

しかし今回追加されたディバインガイのドロー効果によって息切れが格段に少なくなりました。ディアボリックも大欲によって効果を使える回数が増えるなど、良いサポートに恵まれていると思います。

 

 

  • とりあえず動き

このデッキの動きとしては

  1. ダグレとかでディアボリックとゾンビキャリアを落とす
  2. ゾンキャリとレベル4からチャージウォリアーを出す
  3. チャージとディアボリックでベアトリ出したり、Ω出したりする
  4. ダークロウ、魔封じで蓋してエンド

 

こんな感じです。ディアボリックしかDが出てこねーじゃねぇかという感じはしますが、冗談抜きでDは大事です。

Bloo-Dとかドグマガイとかはぶっちゃけノイズですが、この動きさえできれば大きな問題にはならないかと思います。Ωやダークロウで相手の動きをある程度止めれることができれば、D-ENDなどのロマン砲を打つ余地が生まれるのではないか。

 

  • なぜこうなった

ガチデッキとも対等にやりたかったので今回は、「ダイハードにDシールド!はははーこれがDヒーローを守る無敵の盾さ!」とか、「幽獄の時計塔は、究極のエフェクトを発動した!」とかは狙わない運びに。

まず増殖するGです。手札にカードが存在してしまうので、ディバインガイの邪魔をしやがります。

しかしそれを差し引いても、先攻を取られ、なす術無くやられ放題になるよりはマシかなと思い、投入。また、ディバインガイはそもそもタイムラグがあるので、一度は相手のターンを跨ぎます。Gが手札に腐り続けてディバインの邪魔になるという状況は少ないのではないかと思い、投入しても問題はないと判断しました。

もちろんノイズになってしまうカードなので、環境によっては抜いていいと思います。ファンデッキ同士のデュエルとか。

 

Bloo-Dはファンデッキ的な要素として、というのもありますが、出すのが普通に強い時もあります。

 

大欲が3投されてます。ディアボリックとゾンキャリが一度揃ってしまえば腐ることは無くなるという使いやすさ、このカード1枚で場のモンスターが3体くらい増えるという単純な強さを評価して投入。先攻2ターン目で勝てる場合は不要ですが、それより長引くと欲しくなります。

とはいえ不要な時もあるので、抜くとか2に減らすとかはあると思います。

 

 

次では、雛形にカードをどう足していくか。その手順を紹介していきます。

 

  • 1のパターン

ファンデッキのパターンです。

まず、お使いになりたいヒーローをブチ込みましょう。

Ω等で遅延していけば使うチャンスは十分あるかと思います。この場合は、さすがにレッドリゾネーターは抜けるのかな。

とりあえずシンクロ関連のカードを抜いて枠を作るのが良いと思います。

相手の動きを上手く妨害してやる事さえできれば、幽獄の時計塔もかなり強いと思います。さすがにダイハードガイはキツいんじゃないと思いますが、エドのファンならダイハード+Dシールドはやりたいですよね。

 

  • 召魔装着

ディストピアの効果を全部ちゃんと使いたい!という方には、召魔装着を投入した型をおすすめします。ディストピアのステータスを変えるだけでなく、ランク4やサーチに繋げられます。

また、召魔装着のパンプがあればドグマガイがアルティメットファルコンやキラーに勝てるようになるので、D要素の意義を増すものとしてかなり良いと思います。

召魔装着を採用した型はまだ組んだ事がないので具体的な構築はまだ載せれませんが、良い感じのものができればまた紹介したいと思います。

 

  • 2のパターン

大欲を抜いてアライブ入れれば良いと思います。D要素を少し削ってE要素を増やすということですね。BlooDとかも抜けますね。ブリキングとかバブルマンを入れると、あぁ、たぶんD要素がほとんど無くなりますね(震え)

 

  • 3のパターン

僕のレシピがどれかといえば3なので、あんな感じですね。

Bloo-Dを出すと気持ちいいのでおすすめです。

アニメでは1000億の研究費をかけて開発されたD-ENDですが、今回無事にノーマルで再録されたので、10円くらいで手軽に入手できます。こう書くと爆アドですね。おすすめです。青眼と相打ちの打点でなんか復活し、Ωの除外からセメタリーに送る効果と合わせればまさにゾンビです。

ブラックガーデンや召魔装着でディストピアの効果を真面目に使うのも良いと思います。ていうかディストピアの効果って普通に強いですよね。Dフュージョンがちょっとあれなだけで。

 

  • 終わりに

なんかグダグダな感じになってしまいましたが、要約すると

 

D-HEROを超えるヒーローなどこの地上に存在しない!イヤッホォォォォッ!!

 

ってことですね。ちなみにエドはこの後宇宙から来たヒーローに負けますが、地上じゃないからセーフでしょう。

みなさんもDでプロ決闘者を目指してみてくださいね!でもE使いをバカにしたりしちゃダメだゾ!

 

https://pbs.twimg.com/media/Ch6_WgkVIAAtMM1.jpg

 

では、今回はこの辺で。ありがとうございました!

 

 [毎週更新してます!アニメ感想記事はこちら!]

 

[デッキ紹介のおすすめ記事はこちら!]