読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱血バカガキの遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

デュエマVSRF 第24話感想!

アニメ デュエマ 感想

どうも、ヴァーチャル(https://twitter.com/zanzan04)です。

 

レオvsバサラ。勝太くんのライバル同士の対決。ぶっちゃけ勝敗はお察しな気がしますが、どうだったのでしょうか。

 

 

 

 

 

https://pbs.twimg.com/media/CsCoWX3UEAEInOt.jpg

 

世界は……ゼロだっ!!!

 

以前VSRでバサラが披露した、レッドゾーンの侵略による「3ターンキル」。それを超えたさらなる速攻、「ゼロチャージキル」が、レオを襲う!

 

 

  • 前置き終わり

本編に入ります。

突然勝太くんの元に駆け込んできたナイくん。彼は、「撮影が控えているのにレオがなかなか現場に来ないから探して欲しい」、と勝太くんに助けを求めてきます。

それに対して勝太くんは「どうせみんなを驚かせる準備してるんじゃ……」と言いますが、ナイくんはそれを否定。レオは無断で仕事を投げ出す人ではない、とのことです。それに同意したのか、勝太くんたちは黙り込み、そして、レオを探すことになります。

大事なところではちゃんとレオが信頼されていると言うのがわかるくだりだと思います。好きですね。

 

そういうわけでレアキラーズの本拠地を探すわけですが、見つかりません………。

見つかりません……

見つかりません…

 

 

 

 

レアキラーズ、ガバガバじゃなかった……!

 

当ブログではたびたび、「レアキラーズガバガバすぎぃ!」とか、「戸締まりしろよー」とか、「人選が謎」とか、とにかく散々言ってきましたし、正直今でもこれらは思ってますが(汗)、とりあえず、本拠地はそんなにバレバレじゃないところにあったらしいです。あ、危なかった……!

先日いただいたコメントでも言及されている通り、レアキラーズと建物にはっきり書いているので、ガバガバ感はありますが、勝太くんたちが自力で見つけるのは難しいくらいには隠れられてました。良かったです(何が)

 

  • 噛ませカモーネ

勝太くんたちが、完璧に隠れられているレアキラーズの本拠地を無謀にも見つけようとしている中、レオは普通にレアキラーズの本拠地に乗り込んでいました。

しかし、その前にレアキラーズの幹部のみんなが立ちふさがる!これは頼もしいですね。そして、手下が闘っている時のバサラのセリフがこちら。

 

「ゼロチャージキルを試すときが来たな……!」

 

というわけで、みんなはプチョヘンザの噛ませになりました。そりゃそうですね。もうゴッドファーザーじゃ勝てないカモーネ。

 

  • デュエマ

コジローとレオの会話という、下手したら二度とないんじゃないかと思うツーショットの後、デュエマが始まります。コジローはバサラが自分と同じかそれ以上に飢えていると言っていました。だからなんやねんと思いますが、なんかカッコいい感じのやり取りだったので良かったんじゃないですかね(テキトー

そういうわけで始まるバサラvsレオ。そこでバサラは、衝撃の宣言をします。

 

「このデュエマ、俺は一切マナをチャージしない」

「2ターンだ。このデュエマ、貴様を2ターンで倒す!」

 

……はぁ!?

 

と、なりました。いったい何を言っているのかと真面目に思いました。はい。

僕同様、そんなことできるものかと思うレオ。しかしバサラが相手とあって、警戒はしている様子。しかし相手の出方を伺うなんて自分らしくないと、自分の闘いを貫き、革命チェンジで攻めます。

しかし、その革命チェンジが命取りでした。レオのターンの終わりに、「禁断の月ドキンダムーン」、「黒速 The ZERO」、そして「ZEROの侵略 ブラックアウト」が、バトルゾーンに!

これらは全て、「侵略ZERO」によって場に現れました。侵略ZEROは相手ターンの終了時、そのターン相手がコストを支払わずにクリーチャーを出していれば、手札からタダで出せるというものです。レオの革命チェンジが、そのトリガーを引いてしまった形になってしまいました。

 

そんな侵略ZEROですが、デュエマなのでもちろんバンクがあります。その内容は。

  1. バサラさん、ライディングスーツに着替える
  2. バイクに乗る。ヘルメ被る。
  3. No2が、ピットインのあれみたいな感じでプラカード的なのを提示。「ZERO BASARA」って書いてある。
  4. バサラさん、サムズアップ。
  5. サーキット疾走。
  6. ヘルメの光の形がなんと「0」に!
  7. 字幕付きで、「ゼロチャージキル」発動!!

 

という感じでした。意味が分からんっ!!って感じです。これ考えた人の頭はどうなっているんでしょうか(褒め言葉)

 

  • ゼロチャージキル!

そういうわけで登場、ZEROの侵略 ブラックアウト。さらにドキンダムーンのデデン♪デン♪デン♪デンジャラスイッチで、墓地を肥やしつつ墓地から「轟速ザゼット」を蘇生。

そしてコマンドの攻撃時、懐かしの「アタックチャンス」が発動!特定のクリーチャーの攻撃時に手札からノーコストで、なおかつ相手の革命0トリガーなどが発動するより早いタイミングで使うことができるという能力です。バサラが使ったのは「ブラックタッチ」。相手の手札の最も高いコストのカードを捨てさせつつ、墓地のクリーチャーを回収します。

これによってレオの「獅子王の紋章」を攻略し、バサラのブラックアウトがレオにトドメをさすのでした……。

 

  • 謎の崩壊

そんなわけで宣言通り2ターンキルに成功したバサラ。たぶんこの手の宣言でバサラが宣言通りに出来たのって初な気がします。漫画だと勝太くんへの3ターンキルは成功してましたけど。

謎のパワーによってレオの思い出がゼロになろうとしますが、そんな時、勝太くんがレオの手を取り、彼の目を覚まします。久しぶりに主人公感ある感じですね。

そんな中、建物が崩壊を始めます。なんでだよ!

勝太くんたちが脱出しようとしてる中、No2はレオのカードをちゃっかり拝借しようと……しますが、その手元に赤い薔薇が突き刺さる。ルシファーによってカッコ良く阻止されます。グヌヌと悔しそうな顔をしながらも、No2はバサラと共に去っていきました。本拠地が崩れていく中、彼らが向かったのは、あの工場でした……。

 

意地悪くんたち「あの、俺らは?」

 

という感じでした。

 

  • 終わりに

ついに出ました、バサラの新切り札、ブラックアウト!

はっきり言って、僕はこいつの見た目と名前が好きです。つまり好きです。レッドゾーンの系譜というのがまずかっこいいですし、黒色を基調としながらデッドゾーンとはまた違うデザインも素敵。これまでのゾーンシリーズも好きですが、こいつはちょっと頭ひとつ抜けて好きかもしれないです。イラストもイカしてて最高です。

 

今回の話ですが、ブラックアウトの販売促進回ではありましたが、個人的にはレオの評価がさらに上がりましたね。前回から今回にかけての彼のひたむきな姿はカッコいいと思いました。デュエマアニメは負けても次があるので、レオには次の活躍に期待ですね。あと、ルシファーと絡まないかなー……。

ルシファー、バサラを警戒するよう勝太くんに言っていましたが、実際ルシファーとバサラがデュエマしたらルシファーが勝つんですよね……。やっぱりルシファーは強いですね……。

侵略ZEROは「バトルゾーンに出す」で、「召喚」とは違うから、たしかタイムストップされても侵略できるはずです。ですが今回ルシファーと勝太くんにゼロチャージキルを見られてしまったので、もうゼロチャージキルは二度とできないのではないかなと……。初見殺し要素の強い必殺技ですしね。ですが今後の強化次第ではもっと容易にできるようになるのかも……!?

あと、相手に先攻とって貰わないとできないというのも厳しいですね。難しい分ロマン度が増すこともありますし、僕は面白い効果、戦術だと思います。

 

そして次回は、ルシファーvsNo2っ!!予告はふざけまくっていましたが、いたってシリアスな内容っぽいかと思われます。販売促進パワー全開のNo2と、バサラすらも倒した最強のルシファー。気になる対決ですね。これでNo2が勝ったら間接的にNo1になっちゃうような気もしますが……。

当ブログでもかねてから熱望していたNo2のデュエマ。楽しみにしたいと思います。

 

では、今回はこの辺で。ありがとうございました!

 

[前話感想はこちら!]


[おすすめ記事はこちら!]