焼き肉の熱血遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

ヴァンガード 第6話 「宣戦布告!!ショップ対抗戦」感想!

 

どうもヴァーチャルです。タイトルの通りヴァンガードの新アニメの感想記事です。

 

本作(呼称がいまだに分からん)の感想記事を書くの自体が初めてなのでいろいろあれですが、そこは勢いで! あ、ちなみに筆者はヴァンガード初期勢なので旧作の思い出話みたいなのが多いと思います。今なら思い出話しまくる大人の気持ちが分かる。

では、前置きもほどほどに内容へ。

 

・激闘!アジアサーキット!!

今回はアジアサーキットの一場面からスタート。アジアサーキットと聞くと、旧アニメの2期で繰り広げられた熱いファイトが胸に蘇りますね!キョウさんが櫂くんと雪山で闘ったあれとか、キョウさんがレオン相手にマスタービートルで謎の善戦をしたとことか。まぁどのファイトもアジアサーキット本戦にはあんまり関係ないんですけど(笑)

 

レオン「勝利の風よ、吹け!!」

 

アクアフォースの切り札級ドラゴン「ネイブルゲイザードラゴン」がグランブルーの「パスカーク」をなんかこうあれして、ファイトが決着!てかレオンの声めっちゃ高い。

パスカークさんと言えば旧作でのド派手なメガブラストが印象深いユニット。ファイト序盤からソウルを積極的にためるゴウキのプレイに三和くんが反応するシーンなんかは好きでした。新しいパスカークさんもド派手な効果だったら良いなぁ。

 

まぁそんなわけで、表彰式へ。優勝はレオン!

 

 

 

って、アジアサーキット終わったぁぁぁぁぁっっ!!!?

 

  • アジアサーキット・完!!

まぁ冷静に考えてパック名で分かれよという話ですが。もう覇者って言っちゃってるわけだし。

き、きっとレン様まわりの話が終わったらまた改めてやってくれる……そう信じましょう(そして迫り来るヴァンガード甲子園の影)

 

・今回の流浪のロボ使い

本作のカムイくんはゴウキ行きつけの店に通ってたけれど修行のために他店を巡るようになり、そして運命の出会い(意味深)をした、というわけらしいですね。

漫画だとたしか行きつけの店がフーファイターに荒らされて、そいつらに勝てないから修行のためにショップ巡りしてるって設定だったと思います。そこからキョウさんが出てくるっていう話ですが、この流れは変わるのか、それともゴウキの店に通う前に言ってた店が原作通りのことになってるのか……。うーん、どっちなんでしょうね。

個人的には原作漫画の流れが好きなのであの通りにやってほしいかなぁ。

 

また、元々使ってたのがノヴァじゃないということも明かされましたね。これは新設定。ノヴァを使いはじめたのが最近ってことなので、これは伸びしろがあるってことなんですかね。

 

  • チラ見せ!懐かしの海賊団!!

ゴウキがデッキを広げていたのでグランのカードの絵柄が大体見れましたね。懐かしいメンツが多い印象です。G2、G1、G0に一種類ずつくらい見ない顔があったくらい。それも実際は既存のヤツかもしれませんが。

グランはのギフトはプロテクトってことらしいです。アクセルだとなんかチートになりそう、フォースだとなんかイメージと違う、っていうことでプロテクトなのかな?

プロテクトっぽいイメージもあんまり無いのですが、スタンダードは既存とクランコンセプトが違う可能性もあるので、まだ全然見当もつかないところですね。ダクイレなんかもプロテクトっぽいイメージないし。ていうかプロテクトっぽいイメージってなんやねん。

 

アニメなので単なる作画のあれという可能性もありますが、レオン戦の盤面でグランのカードがバインドゾーンと思われるところに置かれてましたね。バインドを活用するとしたら本当に既存と違うコンセプトになりそうです。

 

  • 風が……吹いた!!!

なんか謎に高性能な扇風機がもらえるという謎のキャンペーンを行うという、公式の謎過ぎるレオンへの謎の愛に震えている一週間を過ごしていました。そんな気がする。

そんな感じでみんな大好き(だと俺は信じている!)なレオンの登場!テンション上がりまくりで文章力絶滅!!

レオンは本作の中でもかなりの設定変更がされているキャラになってましたが、今のところは3期以降のレオンと同じような印象を受け、安心しました。筆者は2期の感じ悪い(?)感じのレオンでレオンファンになったのであの感じも出してもらえたら嬉しいところですが。

年齢が変わったのは普通に謎ですね。見た目や年齢はキャラの言動とかへの印象をけっこう大きく変えますし、今後の展開を見越してのあれなんでしょうか。

 

以下、今回の風言語。

 

「妙な風が吹いているようだな」

訳:強いファイターっぽい人がいた時とかに使う。聞き手からすれば意味分からんので、逆に言えばどんな状況で言っても間違いがない、脅威の汎用性の高さを誇る。

 

「風のささやきが聞こえた」

訳:普通に立ち聞きしてただけじゃねーのといってはいけない。たぶん聞き捨てならないこととか面白そうなことを風にささやいてもらった時に使う。

 

「風を感じたことは?」

訳:どうでもいいですがこの時のレオンの言い方が爽やかすぎてなんか笑った。

初対面のファイターにはとりあえず言っておく言葉のようなので重要度高めのワードと思われる。今回だけでも連打されている。これを否定してしまうと一気にレオンの関心がなくなってしまう恐れがあるので、そういう意味でも最重要である。

かといって皇帝、もとい肯定すると主要クランをアクアフォース復活の生け贄にされる危険もあるので、考え無しに肯定するのも危険である。この世界にその設定ないと思うけど。

いずれにせよ初見で風言語を理解するのは困難なので、今回のアイチのように否定も皇帝もせず様子を見ておくのが模範解答である。さすがアイチ、中二、もとい変なやつの扱いが上手いぜ!

 

「風が出てきたな……」

訳:発言者は櫂くんなんですが、これも立派な風言語と認定された(当社調べ)ので紹介。つか電車移動を要するあの距離で風が届くとかどうなってんねん。まぁこのアニメでの風は物理的なあれじゃないんでしょうけど。なんというかこう、感じろ的な。

強いファイターがファイトを始める時に使う。とはいえ今回の三和くんよろしく聞き手は意味分からんので逆に言えばいつでもry。うららうさぎばりの汎用性の高さ。

 

スタンドアップ・マイ・ヴァンガード!!」

訳:かっけー。

 

「風よ唄え!」

訳:リアをコールする時。たぶんだけどバトルセイレーン系を出す時に言うのが相応しいセリフっぽい。ドロテアちゃんめっちゃ可愛かった。

 

「止めさせてもらう!」

訳:止めさせてもらう時に。

 

流浪の民

訳:レオン必殺のキラーワード。所在が定まってない人に使うという普通の使い方でももちろん良いが、自分と重なる部分がある相手に使うという使い方も可能。聞くだけで「風の強い日」とかいう面白回を思い出してしまう卑怯ワード。このアニメだとその設定ry。

独特なワードチョイスだが、風言語の中では聞き手に意味が伝わりやすい部類にあたる。使用の際は変なヤツと思われないよう気をつけよう。

 

「良い風が吹いてきたようだ」

訳:良い風が吹いてきた時に使う。ファイナルターン宣言のように聞こえなくもないがそれは聞き手によるので、「ファイナルターン宣言したのに決めれないとかw」などと言われる心配はない。ファイナルターンと言っていいのかちょっと不安な状況ではこちらを採用するべきだろう。ていうか本作ってファイナルターン宣言あるのかな。原作には無い気がしますが。

 

 

  •  ファイト

 

今回はアクセル同士の勝負ということで、かなりスピーディーな展開。

終始カムイくん優勢な印象でしたが、最後はレオンが大逆転。貯まったCBコストを攻撃力に変えれるのはシンプルに強力ですね。

 

今回のファイトは、2対5からの逆転という流れ自体は好みでした。レオンはカムイくんに興味ない感じで行くと思いきや、ファイトは普通にニコニコしながら楽しそうにやってたのも良い感じ。不満だったのはアクフォの効果の詳細が説明されないところですかね。ヴァンガードは新カードの情報の開示が遅いので、アニメの描写で見せてくれるとありがたいのですが……。ちなみに今筆者はスパイクやメガコロの効果が分からなくて予約迷ってる勢。

 

とりあえず分かったのはアルゴスのスキルですね。こちらも詳細は不明ですが、自身がVの時はCB1とSB1で他のリアをスタンド。自身がリアの時はCBで自身をスタンドさせていました。構築済みデッキのパッケージだけあって強力です。

ドロテアはCB2でリアに7000パンプ。

最後、ダメージ4のカムイくんにネイブルゲイザーのアタックが通ったところでファイトが終わってるので、ネイブルゲイザーにはクリティカルが増えるスキルがあるかも?単にクリティカルトリガーをめくっただけとも考えられますが。

 

  • そして

ツンデレへとキャラ変し、カムイくんに突っかかるようになったナギサちゃん。これはこれで新しくて良いかな。それにこういうキャラがいた方が話の進みがスピーディーになりますしね。

対してエミちゃんは天使(真顔)って感じで、このアニメのまさに癒し。さすがアイチの妹。旧作だとカムイくんに対してそっけない?感じの態度でそれが一種のギャグになってましたが、本作ではその要素はあまり見られませんね。

負けた直後にエミちゃんに励ましてもらえるけど、その嬉しさよりも負けた悔しさの方が強い……みたいな描写があって、あれはかなり好きでした。本作のカムイくんは恋愛面とファイト面のバランスが良いように感じて、良い印象です。原作通りなら、このあとも店を取り戻すために闘うというカッコいいシチュエーションまであるし!勝敗は……まぁ……うん。ていうか原作でカムイくんって勝ったことあったけ……。

 

まぁなんやかんやで4対4のショップ対抗戦が開かれるというわけに。なるほど、ここでQ4が結成されるわけだ。「結成チームQ4とかwww原作では結成してなくねwww」とか思ってましたが、こう繋がるわけかー。

とはいえ、さすがに今回はQ4負けちゃいそうかなー。「櫂 敗れる」とかいう面白タイトルの櫂があるし。まぁ「城之内 死す」みたいに実際は死なないみたいなパターンもあるかもですが。

 

  •  終わり 

次回は三和くんvs皇帝!結果はお察し?いや、信じろ!三和くんの勝利を!

あ、予告のチームいいかもが良いかもと思いました。ていうか普通に彼らのファイトを見たいです。スパイクの……新規をぉ〜(しつこい)

 

では、今回はこの辺で。ありがとうございました。