焼き肉の熱血遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

第7話 C'est La Vie

「黒き疾風よ。秘めたる想いをその翼に現出せよ! シンクロ召喚、舞い上がれ『ブラックフェザー・ドラゴン』!!」

 遊黒&クロウのデュエルは続いていた。
 現れるのは、細い体躯、鋭い爪、大きく広がった黒と赤の翼。ブラックフェザーの特徴をおおいに有したモンスターであると言えよう。ドラゴンだけど。攻撃力は2800。
 強力なモンスターが相手の場にも現れたにも関わらず、遊黒くんは余裕を保っていた。不敵に笑う。

「クク、それがシグナーの竜か。美しいな。だがミラーフォースはまだ俺の場に生きている。攻撃を宣言した瞬間、ドカンだ!」
「忘れちゃいないぜ。しかもミラーフォース・ランチャーもセットでな。アンチリバースも通用しねぇってわけだ」
「その通り。さぁ、どう来る?」
「なら、俺は絆で対抗するぜ!」
「絆?」

 ここでデュエルの状況を整理しておこう。今はクロウくんのメインフェイズだ。
 スピードカウンターは互いに5。
 クロウはライフ4000。手札は3枚。場にはブラックフェザー・ドラゴンと『BF−黒槍のブラスト』の2体。伏せカードは無し。
 遊黒はライフ3500。手札は2枚。場には『A-アサルト・コア』と、それに装備された『B−バスター・ドレイク』。さらにフィールド魔法の『ユニオン格納庫』。伏せカードは『ミラーフォース・ランチャー』と『聖なるバリア─ミラーフォース─』の2枚だ。
 ミラーフォースは相手が攻撃した瞬間に発動し、攻撃モンスターを全滅させるという最強クラスのトラップ。そしてミラーフォース・ランチャーはセット状態で破壊されればミラーフォースと共に場に復活する。もはや遊黒くんのミラーフォースから逃れる術はない、ように思われたが。

「見せてやるぜ、チーム5D'sの絆の力! 俺は装備魔法『白銀の翼』を、ブラックフェザー・ドラゴンに装備!」
「あ、白銀の翼だー!」
「ん、あのカードがどうかした?」

 龍亞くんが反応したのが気になったので聞いてみると。

「あのカードはさ、元々は遊星のカードなんだ。でも俺たちチームだからさ。互いのデッキのカードを交換したりして、カスマタイズしたんだ!」
「良いチームワークだったんだね。……もしかしてカスタマイズ?」
「あ、ま、まぁ、そうとも言う。で、でも最初からそうだったわけじゃないよ。ユニコーンっていう強いチームと闘って、そこから色々学んだんだ。ひとりは皆のために、皆はひとりのために、ってさ」
「皆のために、か。龍亞くんは5D'sが大好きなんだね」

 ボクがそう言うと、龍亞くんはさすがに照れたのか赤くなってしまった。余談だがこの時の龍亞くんの顔には本能的に来るものがあった。

「ま、まぁ、そりゃ好きさ。でも絆にしがみついてるだけじゃダメだってことも、ジャックから教えてもらった。だから俺たちはそれぞれの道に進むんだ」
「そうか。ボクも楽しみにしてるよ。龍亞くんがプロとしてバリバリ活躍する日をね」
「へへ、まっかせてよ!」

 仲間。その言葉はボクに突き刺さるものがある。ボクはかつて仲間を失った。その時の記憶が頭をよぎる。龍亞くんはおそらく気づいていただろう。でもそこには触れないでくれた。優しい子だ。
 ボクは絆の力の真価をまだ知らない。遊黒くんも、絆の力という言葉にピンと来ていないようだ。その力が人をどれだけ強くするのか。その答えは、このデュエルの中にある。そんな気がする。

「絆、絆か。そんなものでデュエルに勝てるならば苦労はないがな。クロウだけに!」
「だったら見せてやるぜ、俺の絆パワーってやつを! ブラストを守備表示に変更」
「なるほど。ミラーフォースの効果は守備表示モンスターには及ばないからな。だが、それでは何の解決にもなっていない!」
「白銀の翼は装備モンスターが効果で破壊される時、身代わりになることができる」
「なに!?」
「行くぜ。ブラックフェザー・ドラゴンの攻撃!」

 白と黒の翼がはためき、赤い光がはしる。竜のくちばしに風が渦巻き。

「ノーブル・ストリーム!!」

 漆黒の嵐が放たれる。音速、不可避の一撃。ミラーフォースは開かれることなく。

「く、ぐぅ!」

 嵐は直撃する。その迫力は凄まじい。アサルト・コアは守備表示だったのでダメージは発生しないが、遊黒くんは少しバランスを崩しそうになっていた。しかし。

「く、ククク!」
「何を笑って、な、アサルト・コアが破壊されてねぇ!?」
「バスター・ドレイクは装備モンスターが破壊される時、自身を身代わりにすることができる」
「へ、お前も白銀の翼と同じ効果で来るとはな」
「だが同じなのはここまでだ。バスター・ドレイクが墓地に送られた時、『C−クラッシュ・ワイバーン』を手札に加える」
「なに?」

 これでABCが揃った。だが合体モンスターはフィールド上で合体するのが基本。アサルトが墓地に行った今、合体の危険はないと、クロウくんの顔は言っていた。彼はカードを2枚伏せてターンを終える。そして遊黒くんのターン。互いのスピードカウンターはこれで6。遊黒くんはミラーフォース・ランチャーを発動し、その効果を発動する。

「手札のクラッシュ・ワイバーンを墓地に送り、ミラーフォースを手札に加える。さらに『マジック・プランター』発動。ランチャーを墓地に送り2枚ドロー」
「自分でCを墓地に送るとはな。合体は諦めたってわけか?」
「慌てるな。間もなく訪れる、お前の悪夢は」
「?」
「『デビルズ・サンクチュアリ』発動」

 あれはトークンを1体特殊召喚するカード。トークンの攻守は0。おそらくあれは新たなるモンスター召喚の布石。ボクの予想に応えるように、アサルト・コアとトークンが生け贄の渦に飲まれていく。

「2体のモンスターをリリースし、アドバンス召喚!」
「ここで最上級モンスターか」
「出でよ『真紅眼の黒竜』!!」

 天より舞い降りる漆黒のドラゴン。ブラックフェザー・ドラゴンと睨み合う。2体とも「黒が似合うのは俺の方なんだぞ!」と言っている、ようにボクには見えた。いや、メスの可能性もあるから「俺」じゃないかもしれないけれど。
 会場から大歓声が沸き上がる。この世界においてもレッドアイズは伝説のレアカード。もはや失われたのではないかと思われていたカードが突如現れたのだ、その興奮は凄まじい。龍亞くんも相当エキサイトなう。

「す、すげー! すげーすげーすげー! 斬せんせー、あの人は一体!?」
「神様の使い。天から舞い降りた天使」
「え?」
「いや。でも、驚くのはまだ早いかもね」

 クロウくんも驚いていた。しかしその闘気は微塵も揺らがない。

「……最高だぜ。まさか伝説のカードと闘える日が来るとはな!」
「勢いが良いな。ふ、だがそれもいつまで続くか」
「レッドアイズは攻撃力2400。俺のドラゴンには及ばねぇ。しかも白銀の翼は装備モンスターの戦闘破壊をターンに2回まで無効にする!」
「気づいていないようだな。すでに悪夢は、お前の未来を浸食している」
「?」
「ククク。ABCはフィールドだけでなく墓地からも合体することができる」
「なんだと!?」

 墓場から溢れ出した。破滅の気配。3つの輝く鉄は虹色の放物線を描き、今、ここに結実する。

「滅びの光に導かれし鉄の魂。終わりなき悪夢となりて、この世界に降り注ぐ」
「くっ!」
「行くぞ。超☆悪夢合体ーっ!!」

──ガチョーン! ガチョガチョガチョーン!!──

「『ABC-ドラゴン・バスター』!!」

 禍々しい機械竜が現れる。その攻撃力は3000。ブラックフェザー・ドラゴンを上回る。クロウくんの頬に汗が流れる。感じているのだ、圧倒的な破壊の力を。

「やってくれるぜ! まさか墓地から合体とはなぁ!」
「ドラゴン・バスターの効果発動。手札を1枚捨てることで、場のカードを1枚除去する」
「なに!?」
「消えろ、ブラックフェザー・ドラゴン!」

 破壊の光線が黒翼の竜に突き刺さらんと駆ける。白銀の翼がそれを阻むように輝く。

「白銀の翼は破壊を無効にする! もちこたえろぉ!」
「ドラゴン・バスターの効果は破壊ではない、除外だ!」
「ば、バカな!?」

 抵抗むなしく、光がブラックフェザー・ドラゴンに炸裂し、フィールドから消してしまう。クロウくんはエースモンスターを失い、対して遊黒くんの場には最強クラスのモンスターが2体。クロウくんは歯を食いしばる。

「……くそっ!」
「バトルだ。レッドアイズで黒槍のブラストを破壊。そして、ドラゴン・バスターのダイレクトアタック!」
「く、くっ!」
「遊黒バスター!!」

 最強の一撃が、クロウくんとブラックバードに叩き込まれる。

「く、ぐぉぉぉっ!!」

 その凄まじい衝撃に、さすがのクロウくんもスピンし、スピードも当然大きく落ちる。

「ははははは! 今度こそ、俺の勝ちが決まったようだな。これ以上は醜態を晒すのみ。サレンダーしろ」
「……へへへ、ははははは!!」

 クロウくんは笑う。苦し紛れや虚勢じゃない。お腹からの、力強い笑い声だ。遊黒くんはクロウくんを不思議なものを見るように見る。

「……人間の思考には、まだ俺が理解できていない部分があるようだ。なぜ笑う?」
「だって面白ぇじゃねぇか。世界にはまだまだ俺の知らないカード、知らない相手がいるんだって分かったんだからな。最高だぜ!」
「ふ、その感情なら理解できるよ。だが喜んでばかりもいられまい。このデュエル、もはや全てにおいて俺がリードしている」
「懲りねーやつだな。目線が下がってるぜ?」
「?」
「へ、上を見てみろ!」

 クロウくんの言葉に反応し見上げれば、そこにはブラックフェザーのモンスターが2体。

「な、なに?」
「『BF−天狗風のヒレン』の効果。このカードが墓地に存在し、俺が直接攻撃によって2000以上のダメージを受けたとき、こいつと墓地のレベル3以下のBFを特殊召喚できる!『BF−疾風のゲイル』と共に復活!」
「いつの間にそんな、エンジェル・バトンの効果か!」
「そうだ。ヒレンはレベル5チューナーで、ゲイルもチューナー。シンクロ召喚への布石は整ったぜ」

 状況を理解し、遊黒くんは笑う。シンクロ召喚はチューナーだけでは行うことはできない。次のドローでチューナーじゃないモンスターをドローできなけば意味はない。その余裕の笑みだ。しかも。

「ドラゴン・バスターの除去能力は相手ターンでも使うことが可能。シンクロモンスターは確かに脅威だが、召喚前の素材を消してしまえばどうということもない。貴様に、奇跡は無い!」
「それはどうかな?」
「?」

 ここで遊黒くんは気づいただろう。通常ならばスピードワールド・リミテッドの効果により、1000以上のダメージを受けたプレイヤーのスピードカウンターは減ってしまう。しかしクロウくんのスピードカウンターは減らない。いや、それどころか。

「バカな、スピードが上がっている!? まさか!?」
「転んでもタダじゃ起きねー、それがクロウ様のデュエルよ! 俺は遊黒バスターを受けた時、トラップカード『デス・アクセル』を発動していた!」

 あれはダメージを受けた時に発動できるトラップ。そのダメージによってスピードカウンターは減らず、ダメージ500につき1つスピードカウンターを増やす。ダメージは3000。

「そ、それって、つまり!」
「スピードカウンター12だと!?」
「マックススピードだぁーっ!!」

 黒い彗星がフィールドを駆ける。最大最強のスピードで風をきる。クロウくんも、そしてブラックバードも、見ているこっちが気持ちよくなってしまうような、素晴らしい走りだった。速く、強く、美しい。
 しかし遊黒くんは揺るがない。現状を淡々と告げる。

「もはやスピードカウンターが増えることに意味など無い。お前は手札0。ミラーフォースもまだ場に生きている。逆転は不可能だ」
「お前、すげー強いクセにつまんねーこと言うな」
「?」
「だからこそ燃えるんだよ。それにスピードは俺たちライディングデュエリストの命、意味がないなんてありえねー。ライディングデュエルではな、デュエリストのスピードが魔法になるんだよ!」
「……!」

 そうだ。たとえ敗北が決定したとしても最後の最後まで全力疾走。それがライディングデュエリストの魂。そう聞いてはいた。だけど、ボクも遊黒も、その魂に直接触れるのは初めてのこと。遊黒くんは表情に困惑の色を残しながらも、微笑み。

「好きになってきたよ。クロウ、お前のことがな」
「ぶっ! な、なんだよ気持ちわりぃ!」
「まだ俺のターンは終わっていない。スピードワールドの効果。スピードカウンターを4つ取り除き、相手に800ダメージ!」
「ちっ!」

 これでクロウくんのライフは残り200。ライフ800はスピードワールドの効果ダメージによって敗北するデッドライン。それを超えてしまった。しかも次のターンで遊黒くんのスピードカウンターは再び4になる。それでジエンド。まさに絶体絶命。

「さらに魔法カード、『封印の黄金櫃』を発動」

 あれはデッキから好きなカードを1枚選んで除外し、発動から2回目の自分のスタンバイフェイズにそれを手札に加える、というカード。デッキから好きなカードを探してこれるというのはスゴく便利だけど、その選択肢の広さは逆に迷いを生むこともある。遊黒くんの眼は迷いを宿していた。クロウくんはそれを見て取り。

「へ、迷ってるみたいじゃねぇか。有利なんだ、ゲンでも担いでスパっと決めちまうのもアリだぜ?」
「ふ、有利だなんて気持ちは消えたよ。俺はお前ほど強くはない。さすが、世界の頂点に立った男だと思っている」
「俺たちは頂点になんか立っちゃいない。デュエルは時の運。1回の勝ちじゃ足りねー、満足できねーんだ!」
「……満足か」
「だからこそ俺は自分の力を試す。海外で、世界で! そしていつか遊星やジャックも倒し、このクロウ様が最強になるのよ!」

 力強い言葉。だがそれに反して、ボクらの横のセキュリティの彼は泣いていた。

「く、クロウ〜! だ、だからってセキュリティをやめなくたっていいじゃないか〜!」
「お、オジさん……泣かなくたって」
「俺は! クロウのデュエルをもっと間近で見てたかったんだよ〜!」

 その時、セキュリティの元にモヒカンが数名集まる。そして。

「アヒャヒャヒャ! げへへ、おまわりさん泣いちゃってるぜ! ダッセ〜!」
「う、うるせー!」
「ほら、食えよ」
「こ、これは、ポップコーンじゃないか!? い、いいのか!?」
「げへへ。悲しい時はな、食うのが一番なんだぜ。俺たちサテライト民はいつもそうしてきた。どんなにつらいことがあったってさ、上を向いてりゃなんとかなるもんさ」
「……あ、ありがとう」

 セキュリティはポップコーンをムシャムシャやる。そして。

「お前の気持ちも少しは分かるぜ。遊黒の親分もそうだからな」
「え?」
「やるべきことがあるから、チームには長くいれない。そう言っていた。でも、だからこそ、別れる時はスッキリ送り出してやりたいじゃねぇか。そいつとの思い出が、いつまでも輝いていられるようにさ」
「……そうか。ま、まぁ、そんなことお前に言われるまでもないのだが」

 鼻を鳴らし、セキュリティは手元のカップを掴む。それを持ち上げ。

「ほら、飲めよ」
「こ、この色、まさかコーラ! しかもキンキンに冷えてやがる! おいおい、いいのかよ!?」
「お互い様だろ?こういうのは」

 と、まぁこんな感じで隣はすごい盛り上がっていた。少し暑苦しいかもだけど、でも分かったこともある。良いデュエリストは良い仲間に恵まれる。良いライバル、良いカード。

「……」

 遊黒くんと目が合う。俺たちもクロウたちのようになれるだろうか。そう、言っている気がした。だとすれば答えはひとつ。ボクはその答えを強く思いながら、微笑みを返す。

「……ふっ!」

 遊黒くんも笑う。もはや彼に迷いはないようだ。

「あ、斬せんせー笑ってる!」
「はははヤッホー。面白くなってきたぁ!」

 本当の勝負はここからだ。遊黒くんは笑い。

「俺が黄金櫃の効果で封印するのは、『真竜機兵 ダースメタトロン』だ!」
「感じるぜ。ヤバい気配がガンガンとな。そいつがお前の最強カードってわけか!」
「そうだ。だがこいつの出番があるかどうかは次で決まる。さぁ、お前のターンだ!」
「あぁ! 行くぜ俺のターン、ドロー!」

 スピードカウンターはクロウくんは12、遊黒くんが3。スピードカウンターの数が多ければ多いほど強力なスピードスペルを使うことができるが、その利点を活かせるかどうかはこの一瞬にかかっている。クロウくんが引き当てたのは。

「俺が引いたのは『Sp−アクセル・ドロー』。このカードはスピードカウンターが12ある時のみ発動でき、カードを2枚ドローする!」
「魔法にしたか……スピードを!」

 クロウくんは2枚引き、そして。

「スピードスペル、アクセル・ドロー発動!」
「2連続だと!?」
「さらに魔法カード『ハーピィの羽根箒』! お前のミラーフォースを破壊する!」
「ぐっ!」

 あれは相手の魔法罠を全て除去するカード。これでクロウくんを長く苦しめてきた罠地獄は終わり、そして、スピードワールドのさらなる効果が発動する。

「スピードカウンターを10個取り除くことにより、場のカード1枚を破壊。俺が選ぶのは当然、ドラゴン・バスター!」
「ちぃ、ならばお前のモンスターも道連れだ! ドラゴン・バスターの効果発動、手札1枚を捨て、疾風のゲイルを除外!」

 シンクロ召喚を警戒しチューナーを潰す作戦か。しかし、クロウくんは微笑んでいる。

「残念だがハズレだぜ。トラップカード『ブラック・チャージ』! 場のBFチューナー2体を除外し、カードを2枚ドローする!」
「ち、シンクロ狙いはブラフか! だが、ドラゴン・バスターにはまだ最後の効果が残っている! 自身をリリースし、除外されたユニオンモンスター3種類を特殊召喚!」
「ち、んな効果まであるのかよ! インチキ効果もいい加減にしやがれ!」
「アサルト、バスター、クラッシュ、全て守備表示で復活! だがこれで、お前のシンクロ召喚を阻むものはなくなったな」

 遊黒くんは闘争心を燃やしながらも、クロウくんの次の一手に期待しているようだった。その視線に応えるように、新たなブラックフェザーが現れる。

「チューナーモンスター、『BF-極北のブリザード』召喚! その効果で墓地のブラストが蘇る。さらに黒い旋風の効果で『BF−鉄鎖のフェーン』を手札に。そして、ブリザードをブラストにチューニング!」
「早速来るか!」
「漆黒の力! 大いなる翼に宿りて神風を巻き起こせ! シンクロ召喚!」

 ブラックフェザーたちが舞い踊る幻想的な景色。その中現れる、漆黒の翼。

「吹きすさべ、『BF−アームズ・ウィング』!!」

 攻撃2300の新たなシンクロモンスター。レッドアイズと睨み合う。その攻撃力はレッドアイズには及ばないが、特殊能力がある。

「アームズ・ウィングは守備モンスターを攻撃するとき攻撃力が500アップする。そして攻撃力が守備力を超えてれば、その分のダメージをお前に与える!」
「うまい! 1000以上のダメージを与えれば遊黒のスピードカウンターは減らせるから、次のターンのスピードワールドのダメージを回避できる!」
「遊黒くんがABCを復活させたのがあだになったか!」
「行くぜバトル! アームズ・ウィングでアサルトに攻撃、ブラックチャージ!!」

 漆黒の猛威がはしる。しかし、悪夢は終わらない。

「クク、だが俺にはまだ奥の手が残されている! 墓地から、『仁王立ち』の効果発動!」
「ま、また墓地からトラップだと!?」
「最初のターンでアンチリバースに破壊されたカードだ。その効果によりこのターン、お前はレッドアイズにしか攻撃できない!」

 レッドアイズが咆哮し、アームズ・ウィングを退ける。クロウは舌打ちし。

「ち、攻撃は止める。カードを3枚伏せてターンエンド」
「万策尽きたな。俺のターン、スピードワールドの効果発動!」
「く、クロウー!」
「これで終わりだぁっ!」

 大爆発。煙が上がり、ボクらの視界は遮られる。でも、それでも分かる。遊黒くんもすぐに気づいただろう。いまだ鳴り響くエンジン音、焦げくさい匂い。そうだ。クロウくんのデッキには、スピードワールドの効果ダメージを無効にできるカードがあった。

「舞い戻れ、ブラックフェザー・ドラゴン!!」

 雄々しく吠える、クロウくんの魂のカード。ブラックフェザー・ドラゴンは効果ダメージを無効にして自身に黒羽カウンターを置くという効果がある。

「永続罠『闇次元の解放』を発動させてもらったぜ。こいつは除外された闇属性モンスターを特殊召喚できる。攻撃表示で呼び戻したぜ」
「最高のモンスターは最高の場面にこそやってくる、ということか。だがそいつは自身の黒羽カウンター1つにつき攻撃力が700下がる。ならば、レッドアイズで攻撃!」
「トラップカード、『BF−アンカー』!」

 アームズ・ウィングがブラックフェザー・ドラゴンに優しく触れる。それは思いを託したバトンのよう。アームズ・ウィングは消滅し、その力が受け継がれていく。

「BF−アンカーはBFをリリースすることで、その攻撃力分シンクロモンスターの攻撃力をターン終了時まで上げる。ブラックフェザー・ドラゴン、攻撃力4300だ!」
「ちぃ! ならば攻撃は止め、魔法カード『命削りの宝札』を発動! カードを3枚ドローする」

 あれは手札が3枚になるようにドローする魔法カード。ただしターン終了時に自分は手札を全て捨てなければならず、また、あのカードの発動後は相手にダメージを与えられなくなる。だからレッドアイズの攻撃の後に使ったのだ。
 ドローカードを一瞥し、遊黒は笑う。

「最高のモンスターを引き寄せられたのはお前だけではないようだ。俺はレッドアイズとアサルトで、進化の道を切り開く! レボリューション・ロード!!」
「な、なんだぁ!?」
「時は奏でて、想いはあふれる! 終わらない未来より架かる虹よ、この世界へ降り注げ!」

 雪解けの時。閉じた心は花開き、春を迎えし魂は脈動する。これこそが、終遊黒の切り札。

「ユニバース召喚! 『ナイトメア・ブラック・ドラゴン』!!」

 悪夢の龍が咆哮する。攻撃力は2500。龍亞くんはじめ、会場のみんなはひっくり返っていた。

「ちょ、ちょっと、なんなんだよこのデュエル! すごいことばっかり起こるじゃん! あんなの全然見たことないよ!」
「君たちの進化の結晶がシンクロなら、ユニバースがボクらの進化の結晶だ。なんちゃって」
「ま、まさか斬せんせーもできるの!? ウニダース召喚!」
「ふふふ、な・い・しょ♡あ、あとユニバースね。そんな高そうな名前じゃない」

 クロウくんも相当ビックリしていた。それでも不敵に笑ってるんだから、根っからの勝負人なんだなぁって思う。

「おいおい、お前のデッキはビックリ箱かよ! 俺の知らねぇ召喚まで使いやがって!」
「お互い様だよ。俺もシンクロ召喚を知ったのは最近だからな。俺はまだシンクロが使えない、だからこそ、俺のデュエルはまだまだ進化する!」
「それこそお互い様ってもんだ。ユニバースの力、じっくりと見せてもらうぜ!」
「いいだろう。ユニバース召喚は素材モンスターを魔法罠ゾーンにレガシーとして置き、それにレガシーフォースを与えることで、自身を手札から場に出すというもの」

 ちなみに、ユニバース召喚は特殊召喚ではなく通常召喚として扱われる。だけど通常召喚の権利は消費しない。クロウくんは説明をウンウンと理解し、問いを投げかける。

「レガシーフォース?」
「レガシーに与えられる効果だ。魔法の効果の発動として扱う。ナイトメアの素材は通常モンスターと効果モンスター。通常モンスターに与えられるレガシーと効果モンスターに与えられるレガシーは異なる。楽しみにしておくことだ」

 一度ユニバース召喚が行われれば、その後ユニバースモンスターを除去したり効果を無効にしたとしても、レガシーに与えられたレガシーフォースは消えない。ユニバースモンスターが場を離れればレガシーは消えるけど、ナイトメアブラックの効果でレガシー1つを残すことが可能。その真の恐ろしさに、クロウくんがどこまで対応できるか。

「……未知のモンスター。へ、上等じゃねぇか!」
「カードを2枚伏せてターン終了。さぁ、この悪夢から抜け出せるかな?」
「見せてやるぜ、ブラックフェザー・ドラゴンの真の力を! 俺のターン、『闇の誘惑』を発動。2枚ドローしてフェーンを除外。さらにエンジェル・バトンでドローし、手札1枚を墓地へ」
「ふん、慌てて手札交換とは。いよいよネタが尽きて来たか?」
「逆だぜ。今ネタを仕込んだところよ! 今墓地へ送った、『BF−精鋭のゼピュロス』の効果。黒い旋風を手札に戻して自身を特殊召喚し、俺に400ダメージ与える。攻撃表示で特殊召喚!」

 ゼピュロスの攻撃力は1600。通常ならばこの400ダメージは自滅になるが、ブラックフェザー・ドラゴンがそのダメージを無効化する。そして黒羽カウンターが増え、今、その能力が解き放たれる。

「ブラックフェザー・ドラゴンの効果発動! 黒羽カウンターを全て取り除くことで、その数×700相手モンスターの攻撃力を下げ、下がった数値分のダメージを与える!」
「カウンターは2つ。これでナイトメアの攻撃力は1100になり1400のダメージ。ブラックフェザー・ドラゴンの攻撃が通ればさらに1700ダメージ。そしてスピードワールドの800ダメージで、クロウの勝ちだ!」
「そう都合良くいかないのが悪夢だ。リバースオープン、『ダメージ・ダイエット』!」

 あれは発動ターンに自分が受けるダメージを全て半分にするというカード。遊黒くんのライフは2800になる。ダメージ・ダイエットの発動により、遊黒くんをこのターンで仕留めることは難しくなった。しかしナイトメアブラックとブラックフェザー・ドラゴンの攻撃力の差は歴然。遊黒くんは顔をしかめながらも説明を始める。

「レッドアイズに与えられたレガシーフォースは、ナイトメアの攻守を1ターンの間2倍にする。アサルトに与えられたレガシーフォースは、ナイトメアとバトルする相手モンスターの攻守を1ターン半減させる。だがレガシーフォースは1ターンに1種類までしか使えない。俺が使えるのは片方の効果だけ」
「なら答えはひとつだ! ブラックフェザー・ドラゴン、ナイトメアを攻撃!」
「アサルトのレガシーフォースにより、お前の攻守は半減!」
「だが、攻撃力が下がってるのはお互い様だぜ」
「ちぃ!」

 ブラックフェザー・ドラゴンの攻撃力も下がるが、ナイトメアの攻撃力も先ほど下がっている。ブラックフェザー・ドラゴンの攻撃力は1400。ナイトメアは1100。であれば、勝敗は明確。

「行け、ノーブル・ストリーム!」

 黒い嵐により悪夢は消し飛び、遊黒くんのライフは2650まで削られる。しかし彼の瞳の光は消えない、それどころか強くなる。彼の場には、ナイトメアが残したレガシー、レッドアイズが残っている。

「よっしゃあ、どうだ!」
「ふ、ナイトメアブラックがたった1ターンで倒されるとはな。これがブラックフェザーの力、そしてお前の力ということか。だがユニバース召喚の真価はここから始まる」
「負け惜しみ言いやがって。カードを2枚伏せ、ターンエンド!」
「俺のターン。この瞬間、黄金櫃に封印されしカードが蘇る」

 ダースメタトロンが手札に加わる。あのカードもまた最強クラスのカードだが、その分召喚条件は厳しい。

「このカードのアドバンス召喚には3体のリリースが必要となる」
「見積もりがあまかったみたいだな。お前のモンスターはバスターとクラッシュの2体。1体足りないぜ」
アドバンス召喚にはモンスターのリリースが不可欠。だが我が主より賜り俺が鍛えた『真竜』カードは、その垣根すらも超越する! このカードは、永続魔法および永続罠もリリースに使うことができる!」
「な、なんだとぉ!?」
「場に伏せられていた永続罠『真竜の黙示録』とバスターとクラッシュ。これら3本の柱に導かれ、この次元に降臨する! 出でよ『真竜機兵 ダースメタトロン』!!」

 眩い黄金の光。金色の翼、聖なる剣、重厚な鎧。攻守3000の最強の戦士が、ここに君臨する。戦士族じゃないけど。

「くそ、また意味わかんねーカード出しやがって! いくつ常識はずれのことすりゃ気が済むんだこの野郎!」
「お前が参ったと言うまでさ。黙示録の効果発動。このカードが墓地へ送られた時、モンスター1体を破壊する!」
「なに!?」
「もう一度消え去れ、ブラックフェザー・ドラゴン!」

 大きな煙が上がる。しかし誰もが感じていた。クロウ・ホーガンとは、ここで終わるデュエリストではないと。その想いに答えるように、クロウくんは微笑みながら悪夢の嵐を突破する。新たなモンスターを従えて。

「なかなか悪夢チックな光景だ。なんだそのモンスターは?」
「トラップカード『バスター・モード』を発動した。こいつはシンクロモンスターを進化させる。とくと見やがれ。これが俺のエースの進化した姿!」

 BFが持っていたような銃器を装着し、よりたくましくなった漆黒の体。紅い光が夜の闇に染み渡っていく。そう、これこそが。

「誕生、『ブラックフェザー・ドラゴン/バスター』!!」

 ブラックフェザーの進化の可能性、そのうちのひとつ。攻撃力は3300。どうやら、互いの最強モンスターがこれで並んだようだ。

「これがお前の切り札か。だがダースメタトロンは自身の召喚のためにリリースされたカードと同じ種類のカードの効果は受けない。つまり、モンスターとトラップの効果は受けない」
「惜しかったな。魔法もリリースできれてば完璧だったのによ」
「あえてそうしたのさ。レッドアイズのレガシーフォース発動。ダースメタトロン、攻撃力6000!」
「!?」

 クロウくんの眼が見開かれる。そう、これがユニバースの真の恐ろしさ。

「……なるほど、ナイトメアが消えても悪夢は消えないってわけか」
「そうだ。ナイトメアが消えて効果対象を失ったレッドアイズは、新たに召喚されたモンスターにレガシーフォースを与えることができる。そしてダースメタトロンが場から消えた時も同じことが起こる」
「つまり、お前の場には常にレガシーで強化されたモンスターが居座るってことか!」
「その通り。ユニバースとは1体の最強モンスターを呼び出す召喚ではない。レガシーを引き継ぐことで、デッキの全モンスターを最強にする召喚だ!」

 黄金の闘士が絶叫し、絶叫という表現で正しければだが、猛々しく突進していく。

「このデュエル、俺の勝ちだ! ダースメタトロン、/バスターへ攻撃! 遊黒パーンチ!!」
「トラップ発動、『立ちはだかる強敵』! お前の攻撃対象はゼピュロスになる」
「無駄だ。ダースメタトロンにトラップは通用しない」
「このカードの効果は相手モンスターにおよぶ効果じゃない。ダースメタトロンでも無視できないぜ!」
「ちっ。だがミスったな、ゼピュロスが攻撃表示だぞ!」
「わざとだぜ。/バスターは自分が効果ダメージ、またはBFの戦闘によるダメージを受ける時、それを無効にする! さらに場のBFは、ターンに1回までずつ破壊されない!」」

 ドラゴンに、黒羽カウンターが置かれる。

「なるほど。ダメージを無効にする度に黒羽カウンターが置かれるわけか。ならば当然、黒羽を取り除く効果もパワーアップしてるのだろうな」
「あぁ。カウンターを全て取り除くことで、1つにつき700ポイント、自身の攻撃力を上げる。そして変化した数値分、相手にダメージを与えて相手モンスター1体の攻撃力を下げる。次のターン、こいつをぶちかましてやるぜ」

 強力な効果だ。カウンター1つにつき2100ダメージが発生するようなもの。しかしこの場合はそうはならない。

「たしかにそいつの攻撃力は上がるが、ダースメタトロンは効果を受けないので攻撃力が下がることもない。加えて、俺の墓地のダメージ・ダイエットは墓地から除外することで、そのターン受ける効果ダメージを全て半減させる」
「ちっ。ダースメタトロンとの攻撃力の差は2700。それを埋めるため、黒羽カウンターが4つ要るか」
「たしかに4つあればダースメタトロンを倒すことは可能。だがこいつには更なる効果がある。相手に破壊された時、俺は地・水・炎・風のいずれかの融合・シンクロモンスター特殊召喚できる」
「……どうやら、ダースメタトロンごとお前を倒すしかねーようだな」
「それには黒羽があまりにも足りないがな。俺はターンエンド」

 急にやってきた計算タイム。龍亞くんは指折り数えながら眼をグルグルさせる。余談だがこの時の龍亞くんは超可愛かった。

「え、えっと、つまり?」
「クロウくんが次のターンで勝つには黒羽カウンターが6個必要ということになる。つまりあと5個」
「え、えぇー!?」
「遊黒くんにはあらゆる魔法罠を無効にする融合モンスターがある。しかもそれはレガシーフォースを受けて攻守2倍。今の手札が尽きたクロウくんでは到底耐えきれない」
「……クロウ」

 元のブラックフェザー・ドラゴン同様、効果ダメージでも黒羽カウンターは増やせる。戦闘ダメージでも増やせるから、ダースメタトロンより攻撃力が低いBFで攻撃することでも増やせる。条件は軽くはなっているけど、5個はあまりにも遠い。

「関係ねーぜ。/バスターが、お前をぶっ倒す!」
「バカな。お前は手札0。ブラックフェザーを呼ぶことすらできまい」
「たしかにな。全ては、このドローで決まる」

 さすがのクロウくんも、ドローの手が微かに震えているように見えた。このドローはあまりにも重い。
 会場も静まり返る。数秒が、永遠の如く長く感じられた。
 その時だった。

「クロウ兄ちゃーん!!」

 会場のどこかから響いた、何人もの子どもたちの声。会場は満席で騒がしい。どこからの声だったのかは把握できない。
 だけど、クロウくんの顔が、変わった。

「……こんなとこまで来やがって。お前らに頼らずにやってこうって思ってる時によ」
「……そうか。ようやく分かったよクロウ。俺の攻撃に決して屈しなかった、お前の強さ。その源が」
「まったくよぉ。これじゃあ、絶対に負けられねーじゃねぇか!」

 さっきの沈黙が嘘のように、デッキに優しく、しかし強く手がかけられる。感じる、クロウくんとデッキの魂のクロス。

「行くぜ、ドロー!」

 彼はカードを見る。そして。

「黒い旋風を再び発動。そして『BF−月影のカルート』を召喚!」

 引き当てたのは、攻撃力1400のBF。黒い旋風の効果で、攻撃力1400未満のBFを手に入れることが可能。選ぶのは。

「『BF−突風のオロシ』を加える。そしてオロシは場に他のBFがいれば特殊召喚できる! こいつはチューナーだ」
「だがシンクロすれば攻撃できる総数は減る。チューナーであることを活かせはしない!」
「まだだ! 墓地の『BF−大旆のヴァーユ』の効果発動。墓地のこのカードを、墓地のBF1体にチューニングする!レベル1のヴァーユをレベル6のアームズ・ウィングにチューニングし、この2体を除外!」
「なんだと!?」
「黒き旋風よ、天空へ駆け上がる翼となれ!」

 調和の輪に吸い込まれるブラックフェザー。光は満ち。

「来い、『BF−アーマード・ウィング』!!」

 現れる、武装をまといし新たなブラックフェザー。攻撃力は2500。ヴァーユで呼ばれたモンスターは効果が無効になるけど、/バスターの効果で破壊は防げる。これでBF4体を含む、5体のモンスターが揃った。

「行くぜ。ゼピュロス、カルート、オロシの攻撃!」
「これで黒羽は4。だが!」
「アーマード・ウィングの攻撃! ブラックハリケーン!!」

 強烈な竜巻の一撃が決まるが、黄金の戦士はビクともしない。これで黒羽は5。あと1つだけど。

「惜しかったな。もうお前には、攻撃できるBFがいない!」
「それはどうかな?」
「……まさか、最後のリバースカード……!」
「そう。これが、俺の最後の切り札だ! トラップ発動、『緊急同調』!」

 あれはバトル中のシンクロ召喚を可能にする。レベル1のオロシが、レベル3のカルートとレベル4のゼピュロスを包み込む。

「吹きすさべ嵐よ! 鋼鉄の意志と光の速さを得て、その姿を昇華せよ!」
「……くっ!」
シンクロ召喚! 『BF−孤高のシルバー・ウィンド』!!」

 刀を持ったBFの降臨。攻撃力は2800を誇る。黄金の光へと叩き込まれる、純白の嵐。

パーフェクト・ストーム!!」

 ダースメタトロンには届かない。だけど、想いは繋がった。これで黒羽は6。

「待たせたな、遊黒!」
「……クロウ……!」
「ブラックフェザー/バスターの効果発動!」

 ドラゴンの咆哮。みなぎる最強のパワー。

「バカな……攻撃力7500だとぉ!?」
「これで終わりだ!」

 迎える、最後の時。

「ブラックフェザー・ストーム!!」

 それは黒く、気高い、魂の一撃だった。

 


 決着の後、2人はスタート地点に戻る。遊黒くんはアングリ口を開け、ボケーっとした顔で。

「……負けた。この俺が」
「どうやら、悪夢を見たのはお前の方だったみたいだな」
「……いや」

 止まない歓声。止まらない拍手。

「すげーデュエルだったぞー!!」
「よくやったクロウー!!」
「おやぶーん!!

 やさしい声が街に降りて。今宵限りの、時を忘れる。

「この景色は、悪夢と呼ぶにはまぶし過ぎる」
「……だな」

 気ままに揺らめいて。想いは、焦がれる。


 と、いうわけで、めちゃくちゃ良いムードでコトは終わったのであ、あれれ〜?そういえば何か忘れてるような気がするぞ?

「ゆ、遊黒のおやぶーん!!」
「あぁ、お前たちか。応援は聞こえていたよ。負けてしまったがな」
「いえいえ! 見事な闘いでした親分!」
「そうか。さて、デュエルの前の約束を果たすことにしよう。客もたくさん集まったからな」
「あ、そういえばお前らの計画がどうとかそういうデュエルだったなこれ」
「そう。会場の皆、これを見ろぉ!!」

 遊黒くんが絶叫しスイッチを押すと、スタジアムのモニターに映像が映し出される。若い女の子たちが楽しそうにゴミ拾いをしている映像だ。全員おっぱいが大きめなのは気のせいだと思うことにしよう。

「これこそが我らナイトメア団の計画! 週末、ネオドミノの観光スポットを巡りながらのゴミ拾いツアーを行う! 外からの観光客はもちろん、故郷の素晴らしさを知りたい皆にもオススメ! スタッフ募集中ーっ!!」
「な、なんじゃそりゃあ〜!?」
「イェーガー市長より許可は取ってある。そう、この街はゴミ拾いシティとなるのだ!」
「ゴミ拾いシティ!」

 よし、帰ろう。ボクと龍亞くんが席を立った時、なんか画面が急に切り替わった。

「な、なんだ!? スタッフを増やすこの大チャンスに……」
『エーブリバディーリッスーン! ネオドミノの諸君に、スーパーエキシビジョン・デュエルをお届けするぞぉ! 新設された天空ライディングデュエルコースで闘うのは、このふたりだぁーっ!!』

 スポットライトに照らされたのは、ふたりの男。ふたりとも赤いDホイールに乗っている。そのうちのひとりは、ボクらにとって馴染みがある人物。

『私が実況させていただいた、あの天空での激戦は、皆さんの心に刻み込まれていると思います。そう、彼が帰ってきた!WRGPを制したチーム5D’sのひとりであり、この街を救った英雄! 』
「く、クロウ、あれって!」
「な、なんであいつがあんなところで!?」
『不動遊星だー!!』

 そうか、あれが不動遊星。伝説のライディングデュエリスト

『対するは! 皆さんはあの会社を知っているでしょうか。この街に突然現れ、デュエル開発分野に殴り込んできた大企業! どこから来たのか、その業績、その過去は一切不明! 謎に包まれたヴェールが、今解き放たれる! リバースコーポレーション社長、天新海ー!!』

 

 新海は遊星に話しかける。

「自己紹介がまだだったな。俺はオリジン世界という別世界から来た。俺はその世界において最強だったが、神になるには至らなかった。ここには神に近づくために来た」
「……」
「頂点に立つ者は多くの眼に晒される。ごまかしは通用しない。真の強さが求められるのだ。俺がこの場を設けたのは、俺の力をこの世界の人間に見せつけるため。君は俺の相手として最も相応しかった」
「……」

 新海は続ける。

「君が勝つ可能性もわずかだがある。30%にも満たないがな。見せてもらおう、無限界帝を倒したその力」
「おい」
「うん?」
「デュエルしろよ」

 今、最強と最強がぶつかり合う。

 

 

<後書き>

クロウがカルート引いたところでGoing my wayが読者の皆の頭の中で流れ出し……たらいいなぁと思いながら書きました。
最初は原作キャラでデュエルするのは遊星ジャック龍可だけで、クロウのデュエルは無い予定でした。こうして書いてみると、クロウのデュエルを入れてみるのも無しではなかったかなと思います。
ちなみに現在はシグナー全員がデュエルする予定になってます。
OCGはゼアルの最後の方の辺りからあまりやってなくて、最近またやりだしました。オルターガイスト安くてつえー。
なのでBFの新規は最近見ました。今回のデュエルを作った後です。シムーンのテキストは目ん玉飛び出るかと思いました。クロウのデュエルはまだある予定なので、その辺も使っていきたいなぁと思います。逆に、漫画版のカードとかABFとかは出ないかなーと思います。
余談ですがアゲインスト・ウィンドがBF竜とコンボできないのは今回知りました。嘘やん。クロウのカード同士でシナジーありそうやん。

また文字数が1万を大幅にオーバーということで。もっと短くまとめたいなと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。頑張ります。

 

<前の話はこちらから!>