熱血バカガキの遊び日記

漫画アニメ特撮カードゲーム大好きな男の趣味ブログ。

デュエマVSRF 第18話感想!

どうも、ヴァーチャル(https://twitter.com/zanzan04)です。

 

ノゾキンと「クライマックスほかい」としてのホカベンの再登場、そして新たなレアキラーズのメンバー、まじめ所ちょー登場の回であった今回。

 

すっかりデューチューバーの一員になっていたことが判明した勝太くん。カレーパンがあればなんでもできるというテーマの動画を投稿し、大人気なようです。

ホカベンによると、勝太くんは自力では動画投稿なんてできなさそうという印象だったようでした。たしかに、勝太くんはガラケー使いですし、できなさそうです。

ホカベンの推測通り、勝太くんの裏には彼の人気を支える、黒幕の存在がありました。それがノゾキンです。再登場おめでとうございます。

 

ノゾキン&勝太くんという最強タッグが、デューチューバーを席巻しそうなところに、クライマックスほかいが待ったをかける!この3人の激しい争い、その行方……

 

は、今回の話の軸ではなく

 

ハゲしさを増す3人の動画を見かねて、レアキラーズの一員、まじめ所ちょーが、マジメドーガプリズンなる施設に3人をブチ込む!

真面目な動画を撮らせるための指導をする施設のようですが、こんなふざけた施設、どうやって運営してるんだろうと思いました。この辺がコロコロっぽいですね。

 

まじめすぎる性格のため、バカにされてきた過去があったとかが判明したまじめ所ちょーでしたが、レアキラーズの一員であることは今回では触れられず。しかし「D2」の名を冠するカードを切り札にしてますし、opでもレアキラーズの中にいるので、彼がレアキラーズであることは間違いないかと思いますね。

次の登場ではD2フィールドも使ったデュエマをしてくれると思うので、レアキラーズだと明かすのはそこでしょうね。

そんな彼の戦法は、かなり珍しいもので、相手のシールドを増やすことを起点とするものでした。彼の切り札はコストは重いですが、相手のシールドの数だけコストを減らす事が出来るというもの。それによる展開と、デュエマファンならご存知の「アルカディアス」の登場は、かなりデュエマを盛り上げてくれましたね。

 

とはいえ、彼のエピドードはまだ消化されてないといった印象を受けました。D2フィールドもまだありますし、そこで消化するのかな。

彼のD2フィールドですが、出るとしたら、相手のカードをシールド送りにするものになるかと思われます。調整によりますが、かなり強いカードになるのかもしれません。ドロマーを使ってると、ズンドコやドキンダムエリアを除去できず負けという場面が出てきてしまうので、彼のフィールドにはけっこう期待してます。サイケデリックも良いですが。

 

まじめ所ちょーに対抗する勝太くんサイドは、「俺たちは真面目にバカやってんだよ!」という、シンプルながらもまっすぐな主張を掲げます。

勢いのまま、いつも通りの感じで猛攻する勝太くん。いや、一カ所いつもと違うところがありましたね(笑)

そんなわけで勝利した勝太くん。無事監獄から出て来る事ができましたが、最後はしっかり痛い目をみます。良い子のみんな、調子には乗りすぎないようにしよーぜ。という熱いメッセージでした。

 

次のまじめ所ちょーの本格デュエマに向けての助走回という印象でした。

ノゾキンの以前のエピソードのラストが好きだったので、あれから勝太くんとノゾキンがタッグを組んだというのは嬉しかったです。デューチューバー3人組は終始楽しそうだったと思いました。

カレーパンがあれば何でもできるって、そんなの今更言われなくても……って感じでした。勝太くん、何回か死にかけた時もカレーパン食べたら復活しましたしね。これが、カレーパンパワーだ!

とりあえず、勝太くんにはゆっくり休んでほしいなって、ラストで思いました。なかなか過酷な動画撮影でした。普通死ぬと思います。

 

今回で一番「はっ!?」となったのは次回予告でしたね。なんですかあれ。あれマジで来週やるんですか。他はともかく、ドキンダムのはひどすぎる(笑

でも、100パー嘘の予告って無かったように思いますし、本当にあれやるんですかね。じーさん回以上にデュエマから離れる、というかどういう流れになればデュエマできるんだって感じの予告でした。

次回どうなるのか、まったく未知数ですね。期待してます。

 

では、今回はこの辺で。ありがとうございました!

 

[次話感想はこちら!] 

 

[前話感想はこちら!]

[おすすめの過去記事はこちら!]